HOME >  一般のみなさまへ > 交通事故に遭ったら

交通事故に遭ったら

交通事故など、他人の行為によってうけた傷病の治療費は、加害者が全額負担するのが原則です。 なお、国民健康保険または後期高齢者医療でお医者さんにかかることができますが、 その医療費は加害者の代わりに一時的に立てかえるだけで、 あとで国民健康保険または後期高齢者医療が加害者に請求します。 したがって下記の届出の手順にそってすみやかに対処してください。

交通事故に遭ったら

届け出の手順

1 交通事故に遭ったら、すみやかに警察に届け出ましょう

2 市区町村の国民健康保険または後期高齢者医療窓口に届け出る

国民健康保険または後期高齢者医療の窓口へ「第三者行為による傷病届」を提出してください。

※交通事故などが原因で要介護状態となり、介護サービスを受けた場合についても、お住まいの市区町村の介護保険の窓口へ届出をお願いします。

市区町村の窓口での届け出に必要な書類

  • 第三者行為による傷病届(市区町村の窓口で受取って記入してください)
  • 交通事故証明書(自動車安全運転センターで取得できます)
  • 国民健康保険証または後期高齢者医療被保険者証(介護サービスを受けた方は介護保険被保険者証)
  • 印かん(認印)
  • その他必要書類(市区町村窓口でおたずねください)

示談の前に市区町村の窓口へ

示談をする前に必ず市区町村の国民健康保険、後期高齢者医療または介護保険の窓口にご相談ください。

ページトップへ